薬剤師や今から目指す学生のスキルアップには何がいいでしょうか。

薬剤師や今から目指す学生のスキルアップには何が有用なのでしょうか。
それについて考えたいと思います。
薬剤師となるのはもちろん知識がないといけないと思います。そのために
はセミナーを利用するとか書籍で自学するといった方法があると思います。
まずセミナーですが、これは全国で数多くのセミナーや研修会が行われて
います。医療の知識はもちろんですが、だいたいは薬局に勤務すること
になると思いますので、その際に気をつける点など、そういうものを講習して
くれるものがあります。
数多くのセミナーがあるので、自分にとって一番必要な知識が得られるもの
を選んで受けるようにしたいですね。
ともすると、どうしても日々の仕事に追われて、なかなか自分が最初に目指
した姿になっていないという人が以外と多いのではないかと思います。
もちろん、これから薬剤師を目指す人には、余計に目的を持って仕事に挑める
ようにならないといけません。
そのためにはセミナーを積極的にいく事が重要だと思います。薬剤師にとって
薬に関する知識が必要なことは言うまでもありません。
薬は日々あたらしいものが認可されてきています。その新薬についての知識の
習得は本当に重要なところです。将来的に、薬局の店舗を経営するとなれば
患者さんへの指導のしかたや、在庫の管理などについても学んでいく必要があり
ますね。それに会計にの管理なども必要になると思います。
それに何よりも、薬を扱うには法律の知識が不可欠です。そういう知識は必
ず必要になってくると思います。
そういう知識の他に、非常に重要なことがあります。それは、コミュニケーション
のスキルアップだと思います。以外に思われるかもしれませんが、薬剤師は人と
関わることが非常に多いです。いくら薬に関する知識が豊富でも、そういうスキル
が低いとどうしても問題があります。患者様への対応については非常にそのへん
のスキルの違いが大きく関わってきます。
もちろん、薬局の経営を目指すのなら、マネージメント技術としての対人の技術が
重要です。そういったスキルが以外に軽視されているのではないかと思うこと
もあります。これは非常に重要なスキルだと思います。
こういうスキルは接客を行う業種すべてに共通する部分でも、あるので対人の
スキルアップを目指す、キャリアアップセミナーなどを利用するのもありかもしれ
ません。自分の業界だけではなく、他の業界でどういうふうにヒューマンスキル
をアップしているのかということがわかって、いいかもしれません。
もちろんセミナーだけではなく、臨床関係の知識を記載した書籍を常に読んで
知識を蓄えていく努力も必要だと思います。そういう知識を土台にセミナーに
挑むことでより知識だけではない、もっと本質的なものを得ることができるのでは
ないかと思います。日々の努力がやはり欠かせないということは間違いない
ということだと思います。