やりがいやスキルアップで転職を考える

■仕事のやりがいを大切にしたい

「地域に密着した薬局で患者さん一人ひとりに時間を使い、服薬の提案、指導をしていきたい」と考えている方は
現在の職場の他店舗に移動願いを出したりするのも手だと思います。
会社の考えとして、利益優先主義や回転率等を重視するような会社であれば、
会社との根本的な理念の違いなので、転職しか手はないでしょう。

また、本部スタッフからスタートし活躍の場をもっと広げたいと考えている方は、
現職の上司の方へ思いを伝えてみるのも手かもしれません。
その時に本部へ行くまでに、まだやっておかなければならないことや足りない知識やスキルなどの助言があるかも知れません。
また周りの同僚や友人などの意見も参考にしてみましょう。新たな考え方なども見えてくるかもしれません。
本部スタッフとしての採用の門は非常に狭く、厳しい道のりです。個人で探すのは非常に困難でしょう。

■スキルアップを狙う

「総合病院、門前薬局などで複数のさまざまな診療科の処方箋に関わって、薬学に関する知識を広く深くしていき、
スキルをどんどん高めていきたい」と考えている方は、転職を検討してもよいでしょう。
様々な診療科で経験を積むことで薬学的な経験やスキルを高めることが可能です。

その他の手段として、在宅調剤という手段もあります。

在宅をしている企業にアプローチしたり、まだ在宅の制度を取り入れていない会社でも、
会社として在宅調剤を考えているところもあるかも知れません。
その場合には、立ち上げから関われるチャンスも出てくるかもしれませんので、上司に相談して意思を伝えてみましょう。
いい職場の情報を手に入れることができるかもしれません。
それでも見つけることができなかったら、自ら在宅調剤を行っている会社を探しましょう。

また、これとは全く違う路線としてOTCと調剤の両方を学びたいという人は、上司に相談し、今の会社で立ち上げに関われる可能性も探してみましょう。

未経験で純粋に経験を積みたいということであれば、それぞれの分野で先進の研究をしている会社への就職を目指してみましょう。
OCTと調剤の両方に力を入れている企業は非常に少なく、その分しっかりとした面接対策などの転職準備が必要です。

このようにただ転職やスキルアップを目指す一言にいてっても様々な選択肢やルートが存在します。
ここで紹介しただけでも、地域密着店舗、総合病院、門前薬局、在宅、などたくさんあります。
自分はどうなっていきたいのか、何を大事にして、何を我慢できるのか考えてみましょう。

上司や同僚、友人などと相談をしながら、やりがいや収入の自分の中でのバランスを考え、
なるべく後悔の少ないしっかりとした道筋を立てて計画や対策を練ることが大事になります。

薬剤師の様々な求人案件はWebサイトでも探すことができます。
下記のサイトには、薬剤師の転職のノウハウ等も沢山紹介されていたので参考にされてみてください。
薬剤師の求人・転職・派遣なら『ファーマリンク』