薬剤師の平均年収や待遇

薬剤師は薬学の知識と技能を保有した国家資格です。
調剤業務をはじめとして、販売、管理、服薬指導、または新薬の開発に携わったり、衛生機関で管理業務をしたり、麻薬の取り締まりを行ったり、職種によって仕事内容は多岐にわたっています。
都会では薬剤師も飽和状態とされていますが、それでも必要とされ続ける職業ですので職探しにあぶれるようなことはなく、田舎に行けば未だに重宝される存在です。
専門的な独占業務ということで待遇が気になりますが、勤務場所によって変わるので一概ではありません。
とはいえ、総じて待遇は良い方でしょう。
年収を見てみると、薬剤師全体の年収平均は529万円、ここから平均月収を見てみると37万円、年間ボーナスなどの手当ては83万円となっています。
平均年収の約500万円は一般的なサラリーマンの平均年収と変わりありません。
となれば、給与面ではそれほど好待遇と言えない?と思われますが、薬剤師は女性の割合が6割と多くなっているため、家庭を両立するためにパートで勤務するケースが目立ちます。
すると必然的に平均年収は落ち込んでしまうので、平均だけを見て良い悪いとは言えないでしょう。
それどころか実際にパートで働く方の平均時給をみてみると2,154円となっていますので、むしろ高給取りと言えるのではないでしょうか。
また、新卒の一般的な平均年収は300万円~400万円の間なのに対して、薬剤師になった新卒の平均年収は約400万円となっています。こうして比較をしてみると、やはり専門職の強みはあるようです。
上記は薬剤師全体の平均でしたが、薬剤師の就職場所から具体的な平均年収を確認してみましょう。
薬剤師として働くためには主に病院、調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社への勤務になりますので、この4つから平均年収を見てみます。
病院勤務では約400~650万円くらい、調剤薬局勤務では約400~650万円くらい、ドラッグストア勤務では約400~700万円以上、製薬会社勤務(MR)では約400~800万円以上といわれています。
見て分かるように、キャリアによっては年収700万円以上も可能としている世界です。
つまり、薬剤師として稼ぎたいのなら第一に自身のキャリアを磨くということが重要になってきます。
女性は結婚や出産などもありますので一様にこうしたほうがいいとは言えませんが、男性なら将来を見据えた働き方をしていく方が薬剤師として大成することが可能です。