睡眠薬について

■睡眠薬の効果とは
どうしても眠ることができないという方は、何かと眠れる方法に頼ってしまうものですが、薬を使って睡眠を促進することができます。
それが睡眠薬で、病気の一種である不眠症や眠れない夜などに睡眠を促進させる効果がある薬物です。

睡眠の時におとずれてしまう緊張感や不安を取り除いていき、眠れない状態を解消させていきます。
睡眠薬は別名で催眠薬ともいわれており、国際契約の中では乱用すると危険とされている薬に該当します。

■睡眠薬と睡眠導入剤の違い
では、最近病院などでよく聞く睡眠薬と睡眠導入剤を見ていきます。
意味合いとしてはそれぞれ睡眠を促すための薬のように見えますが、病気などによって導入する薬が変わってきます。
それぞれ同じような働きを持っているのですが、薬が体内で作用する時間や眠りの深さで睡眠薬と睡眠導入剤の使い方が異なってきます。

使用回数も変わってきますが、睡眠薬は大量に一度に体内に服用すると安全なものが多いのですが、乱用すると危険なイメージを持たれています。
そこで最近では安全性も考慮して、睡眠薬だけでなく睡眠導入剤というカテゴリーを作り出して、管理されているようになったのです。
そして睡眠薬は眠りの深さによって変わっていくので詳細に分類されていますが、睡眠導入剤は眠りの深さはあまり考えられず、眠る時の緊張感を重視している安定剤のようなものになっています。

■睡眠薬の副作用
睡眠薬は診察を受けていき、医師が診断する結果によって処方していくことが必要になってきますが、睡眠導入剤になると市販薬で販売されていることがあります。
価格帯も1000円台となっており、手軽に購入しやすい商品となっています。そして睡眠導入剤は睡眠薬よりも効果が薄いので、眠りをしっかりと取るというよりもリラックスして眠ることに適しています。

そして睡眠薬には依存症が見られる傾向があるのも注意しなければなりません。
例えばアルコールや煙草の依存症と同じように、毎日睡眠薬が手放せなくなるという事態を招いてしまうのです。

睡眠薬による依存症は身体面や精神面それぞれに分かれており、精神依存では睡眠薬が必要ない状況でも睡眠薬なしでは眠れなくなってしまうような症状が出てきます。
そして睡眠時間はとても短くなってしまうのですが、短時間の睡眠薬を飲んでしまう傾向にあるともいわれており、自力で長時間眠ることができなくなってしまうのです。
一方で身体的の依存として見られるのは反跳性不眠というものがあります。

これは身体依存として見られるある日、睡眠薬を辞めた時に禁断症状が現れる際の代表例ともいわれており、リバウンドで睡眠に支障をきたしてしまうことです。
長時間の睡眠はおろか、全く眠れなくなってしまう自体に陥ってしまうのです。
これで体調を崩してしまったり、精神面の問題も発生してしまいます。