ルーラーを持つ教授

市販薬の基準について

市販薬は今や薬局だけではなく、ドラッグストアなどでも簡単に購入でき手に入る存在でもあります。
市販薬というのは身近にあっってよく使っている薬でも、改めて考えると分からないなと思うことや不安に思うことがあります。
こういった市販薬での選び方や使いかたを学んでみましょう。

ともかく知りたいって思ったら、すぐに薬剤師さんに聞いて薬のことを知りましょう。
薬というのは、病気の治療に重要な役割をしてくれますが、しかし使い方を間違えると十分な効果がみられなかったり、
副作用といったことが起こりやすいとも言われており、使うときなどは理解して正しく使うことが大切です。
そのためには処方薬をもらうことだけではなく、市販薬を購入する際は注意事項などを薬剤師さんに聞いておくことをおすすめします。

では、薬局で購入する薬と病院でもらう薬とはどう違うのだろうって思いませんか?

病院でもらう薬のことを処方薬と言い、医師が患者さんを検査や診察をして病状に合う処方した基準の薬のことです。
一方、薬局で購入した市販薬は、誰が使っても危険が少ないように安全性を確立されている成分だけを基準とした薬のことです。
配合した量も、一般的に処方薬より少なめに基準になります。

では、長期間使用しないで下さいってありますが、長期間ってどれくらいだろうって思いませんか?

これは薬の量で違ってくるのですが、長期間のみ続けなくていけない薬は除いてですが、
3日から1週間以上の服用はさけておいたほうがいいでしょう。
添付文章に書かれている場合もありますが、それ以上服用しても効果がないようであれば、
薬が合っていないかまた重要な病気が潜んでいる場合があるので、医師もしくは薬剤師さんに尋ねることがよいとされています。
また、薬によっては副作用がでたり、効果が効きにくくなってくるので注意しましょう。

では、一般によく使われる風邪薬は何を基準に選んだ方がいいのかわからないことってありますよね。

風邪薬というものの中には、発熱やのどの痛み、咳や鼻水などいろんなものに効く総合感冒薬といったほか、
咳をメインとした咳止め薬や鼻水、鼻づまりメインの鼻炎薬もあります。
どの薬が効果あるのかは、大抵箱の裏に記載してあるので、自分の症状に合った薬を選ぶことが望ましいでしょう。

また、子供に飲ませるといったことがあるのであれば、飲む回数が少なく効果が良いものを服用させるのか、
使用されている成分にアレルギーといったものがないのか、体質やライフスタイルといったことなどを考えて選ぶことも大切です。