薬の有効期限

薬の有効期限について

薬剤師から処方せんとして治療のために薬をもらうことになりますが、その有効期限は案外知られていません。時には薬を服用して危険な状態になってしまうことがありますので、有効期限は理解しておくといいでしょう。
一般的な薬となると開封されていない状態では、製造から3年程保存が効くようになっています。
これが有効期限と考えてもいいでしょう。各製薬会社ではそれぞれ薬の品質維持を行っていますが、現状ではこれが限界と考えていてもいいでしょう。
そもそも薬の有効期限とは各製薬会社が設定している保証期間となっています。
そして一般的な薬の有効期限というのはおよそ6か月から3年程度となっています。
しかし有効期限というのは環境などの条件が含まれていますので、どこでも同じ期間というわけではありません。

薬は開けてから劣化する

ある程度の温度の中で保管をしていき、未開封になっていれば有効期限は適用されると考えてください。
一回開封してしまうと薬は分解するスピードが早くなっていき、その品質や性質が大きく変化していきます。
したがって有効期限が決まっていても、開封してから半年以上経過している薬になっている時には利用しないほうがいいでしょう。

様々な薬が提供されていますが、特に注意しなければならないのが胃腸薬です。
変質しやすい胃腸薬というのは生薬だったり消化を促進する酵素が薬に多く入っています。
これで有効期限または保管する点において気をつけなければなりません。そして目薬やシロップ状になっている薬も同様です。目薬などは一般的に有効期限は1ヶ月から3ヶ月となっています。
有効期限は決まっていても、環境によってはカビまたは雑菌が薬の中に混入してしまうことになりますので、薬を服用することで悪影響を与えることがあります。薬に含まれている糖分または水分で雑菌などが増殖してしまうケースがありますので、管理には十分気をつけておきましょう。

食べ物や飲み物の賞味期限と同じように、服用していく薬にも有効期限というものがあります。そして食べ物などと異なっているのは薬が化学物質という点です。よくスーパーで見かける生鮮食品と同じように、いい環境に保管をしていても、湿気だったり温度、そして光の入射などで影響を与えていってしまいます。

包装は決して開封していないものの、状況によっては徐々に劣化していきます。
また触媒のように分解をしていき、次第に体に入れてはいけない毒物へと変化することもあります。
もしも医師の診断を受けて処方せんをもらう時に、くすりの管理方法に対して指示がない以上は適温のところに薬を置いておかなければなりません。
温度で言うと1度から30度程度のところで、日光または湿気が異常に入らないように避けておきましょう。