毒物劇物取扱責任者

薬剤師のお仕事は、薬の処方やこれまでいくつかお話したような認定薬剤師。
これだけだと思っている方もいるかもしれませんが、薬剤師の資格を持っている事で出来る事がいくつかあるのです。
認定薬剤師の事もあまり知らない人からすると、近年の風潮では薬剤師はドラッグストアで高時給で働くだけだと思っている方もいるかもしれませんが、決してそのような事はありません。

例えば毒物劇物取扱責任者もその一つです。
毒物を扱う際にはこの資格が必要になるのですが、実は薬剤師は毒物劇物取扱責任者にもなれるのです。
毒物劇物取扱責任者になるための資格を見てみると、薬剤師、厚生労働省令で定める学校で応用化学に関する学科を終了した者、各都道府県で実施される試験に合格した者とあるのですが、これはどれかで良いのです。

すべて満たさなければならないものではなく、どれか一つでも当てはまればよいものですので、薬剤師は毒物劇物取扱責任者になれるのです。
毒物劇物取扱責任者の資格を持っていると、毒物や劇物を取り扱う事が出来るのです。
もしも薬剤師や毒物劇物取扱責任者の資格を持っている人間以外がそのような事をしたら違法行為となってしまうのです。

ジャンル

実際どのようなジャンルで毒物劇物取扱責任者が必要になってくるのかと言えば販売業や輸入業、製造業です。
特に輸入業に関しては需要がとても高まっているとも言われています。
国際化が叫ばれているおかげで、日本国内だけでのビジネスよりも世界と連動したビジネスが増えていますし、インターネットのおかげで個人輸入もそこまでハードルの高いものではなくなっています。

ですがその際、どのようなものなのかくらいは調べなければならないのですからとても難しいものです。
その際に毒物劇物取扱責任者が活躍してくれるのです。
販売業にもあるように、実は毒物劇物取扱責任者の需要はそれなりのものなのです。
薬剤師の資格を持っていない人は自力で試験に合格しなければならないのですが、薬剤師の資格を持っていれば毒物劇物取扱責任者を保持していると同義になりますので、仕事をと考えた時、実は選択肢が増えている事になるのです。

薬の問題

この事実は薬剤師であれば常識なのですが、薬剤師以外の人にとってはあまり知られていない事です。
薬剤師は薬がどのようなものなのかを判断するお仕事と言っても良いでしょう。

つまりは毒薬や劇薬にも知識を活かせるのですから、毒物劇物取扱責任者として活躍する事もなんらおかしな事ではないのです。
むしろ毒物劇物取扱責任者にうってつけの存在と言っても決して過言ではないのです。
薬剤師がドラッグストアだけだと思ったら大間違いで、活躍の場は幅広い存在なのです。