ストレプトマイシン

結核治療薬によって結核は完治できる病気となった

ストレプトマイシンが発見されたのは1944年、それ以前は結核にかかれば死亡する病気と恐れられていました。
実際に国内でも多くの方が結核によってお亡くなりになっている歴史があります。

1952年、ストレプトマイシンを発見したワクスマンはノーベル生理学、医学賞を受賞されています。
このストレプトマイシンとペニシリンという抗生物質の発見によって、抗生物質研究は格段に進んだのです。

本当はシャッツという大学院生が発見したストレプトマイシン

実はノーベル賞までとった当時の英雄ワクスマンは、実際にストレプトマイシンを発見していないのです。
ストレプトマイシンを発見したのは当時大学院生だったシャッツという方です。

ワクスマンのところに来て結核に対する抗生物質の研究をしたいとやってきたシャッツは、ワクスマンに承諾を貰い、地下室で結核研究を行っていました。
またワクスマンは、結核に感染するのが怖いと一度もこの地下に来ていません。

勿論結核菌は周囲にいくらでもいる菌類なので、シャッツは気を付けていても仕方ないと思っていたのでしょう。
3ヵ月という短い期間で土壌に結核菌を殺す物質があると気が付き、これがストレプトマイシンだったのです。

ワクスマンは学生に研究のアイデアを出すということもせず、シャッツは一人でこの研究を行い成果を上げたというのに、ワクスマンは称賛するどころかその成果を横取りし、ノーベル賞まで獲得しているのですから、シャッツは本当に研究させてほしいと依頼した人を間違えたといわざるをえません。

大学の教授は学生にヒントを与えたり、こういう研究をしてみたら?などの助言を行い途中で学生が迷ったり、困ったりしたときにも手を貸す存在のはずです。
そういったことも全く行わず、しかもシャッツが裁判を起こしたのに、そこでも自分を正当化し、とうとう共同研究者ということで終わってしまったのです。

シャッツは手伝ってもいないうそつきの先輩研究者に騙され、科学者、研究者が心から欲しいと願うノーベル賞という世界的な賞を受け取る発見をしながら横取りされたという悲しい研究者になってしまいました。

現在ではこのストレプトマイシンは、シャッツが発見したものとはっきりしていますが、ノーベル賞は受賞していませんし、ワクスマンが受賞したままとなっているのですから、非常に悔しい歴史となっています。

シャッツが残した功績は人々の尊い命を多数救ったこと

ノーベル賞は受賞できませんでしたが、シャッツが見つけたこの発見は結核という当時の人類の敵を見事やっつけた英雄です。

沢山の人の命を救い、現在では結核にもしなったとしても、命の危険性のない病気として認識されているのですから、私たちは彼に感謝し、シャッツという偉大な科学者を覚えておくべきです。