認定薬剤師になるには

高度な知識が求められる認定薬剤師

認定薬剤師とは、一定の期間研修や実技のプログラムを受けて、特定の薬学や最新の医療知識や技術を習得していることを客観的に証明する資格になります。
現在、かかりつけ薬剤師や医療保険制度の改革によって、以前よりも高い知識や技術を求められるようになっており、最新の薬学や医療の知識を持ち、精進し続けているという証明にもなる「認定薬剤師」の資格は注目を集めており、年々資格を取る人が増加傾向にあります。

認定薬剤師の資格を持つことで、一定レベルよりも高い知識や技術を持つ薬剤師であると客観的に認められることになります。
ただし、講義を受ける時間を捻出することは容易ではなく、数万~数十万の費用がかかってきますので、気軽にとれる資格ではありません。
加えて、認定薬剤師の資格には、有効期限がありますので、定期的な更新が必要になります。

認定薬剤師の資格が人気を集めている理由には、多くのメリットがあるということがあります。
具体的には、「最新の知識と専門性があるという証明」になることです。

この資格を持つことで、ある一定のレベルのスキルがあるという証明になる為、ある種の名刺や肩書きを持つことと同等の効果があります。
薬剤師の資格とは、一度とると更新の必要はありませんので、ほぼ半永久に所有することが可能です。

ただし、認定薬剤師の免許は有効期限が設定されていますので、定期的に更新を行う必要があり、常に努力をし続けないといけません。
更新をする為には、最新の知識をもとめられ、認定薬剤師の専門性を持ち続ける必要があります。

患者に対して「薬剤師の資格だけではなく、特定の分野の専門的な知識やレベルを持っています」というアピールが可能になります。
自分の価値を高めて、しかも医師や看護師からの信頼度も高くなるはずです。

また、認定薬剤師の資格をとる為には、認定団体によって決められているプログラムの受講が定められています。
日々目まぐるしく進歩している薬学や医療に関する最新の医療を効率よく学ぶことができますし、実際にそれを生かすことができるということは、大きなメリットになります。

認定薬剤師になるための方法

薬剤師研修手帳を入手し、認定対象の研修プログラムに参加して、シールを研修手帳に貼って、研修内容を記録されます。
そして、認定手数料を払い、申請を行うことになります。
そうすることで、認定薬剤師に登録されて、認定薬剤師証が発行されます。

薬剤師研修手帳は、シールを貼ったり、研修の内容を記録するものになりますので、大切に保管しましょう。
代表的な認定薬剤師の資格は、認知されているだけでも20種類以上になります。
どの試験を受けたいかをきちんと考えるようにしましょう。