ストレプトマイシン

結核治療薬によって結核は完治できる病気となった ストレプトマイシンが発見されたのは1944年、それ以前は結核にかかれば死亡する病気と恐れられていました。 実際に国内でも多くの方が結核によってお亡くなりになっている歴史があ…

トレリーフ

次第に運動障害が広がっていくパーキンソン病 なんだか転ぶことが多くなったような気がする、腕に力が入らない、などの症状から次第に筋肉が使いにくく固まっていく病気、それがパーキンソン病です。 運動障害を起こすこのパーキンソン…

スタチン

コレステロールがふえると病気も増える? 血液内のコレステロールが多くなると、血栓ができやすくなり心筋梗塞や脳梗塞などのリスクが高くなります。 生活習慣病にならないためにも、脂質もほどほどに・・・バランスのいい食事をするよ…

シクロホスファミド

抗がん剤の一つシクロホスファミドとマスタードガスの関係 がんはどの国でも死亡要因となっていますし、日本国内でも死亡理由の代表格といわれています。 抗がん剤の一種でDNA合成を阻害するお薬としてシクロホスファミドがあります…

インスリン

インスリンの発見で糖尿病は死の病気と呼ばれなくなった 糖尿病は現代も血糖値が高いままに治療などせずに放置し、好きなものを食べてだらだら過ごしていれば、目の病気や腎臓疾患、また心臓などにも影響を及ぼし、最終的に死に至る事も…

パクリタキセル

木の皮から発見された物質から作られた「パクリタキセル」 抗がん作用を持っている物質、パクリタキセルは木の皮から発見された物質です。 アメリカで植物成分を片っ端から調査し、抗ガン活性のある物質をみつけるという非常に大きなプ…

ドネペジル

アルツハイマーは社会的問題です 日本国内にもアルツハイマー型認知症に苦しむ患者さんは多く、高齢になればなるほど発祥しやすくなることで、高齢者が一緒に暮らすご家庭ではこの病気の名前を聞いたこともあるかと思います。 記憶力が…

ワルファリン

血液をサラサラにするお薬「ワルファリン」 食生活が昔とはかなり異なる日本では生活習慣病など、偏った食事による疾患が多くなっています。 血液の中に脂肪が多くなると血栓ができやすくなり、それによって脳こうそくなどの重篤な疾患…